引き寄せの法則の話

ブレイクスルー思考のひとつ、突き抜ける額を稼ぐためにこのワークをやってやっと抜け出せた

ブレイクスルー思考の7原則なんて言葉を最近知りましたが、知る前に僕なりにあがいて、導き出した
ひとつのブレイクスルー思考を具体的にお伝えします。

有名?なブレイクスルー思考の7原則で言うならば
2コ目の目的展開の原則
または、
3コ目の先の先を見た「あるべき姿」の原則にあたると思います。

ブレイクスルー思考のひとつ、突き抜ける額を稼ぐ具体的な脳科学的方法

こんばんは、家族をアフィリで養う35歳パパえんたろすです。

さて、何度か話したかと思いますが、僕が収入がアップし、ビジネスで小成功しているのは、マインド改革したからです。
無意識レベルでの思考を徐々にいい方向にしたんですね。

その中でひとつ重要なことを思い出したのでシェアします。

これは、「その額を稼ぐ方法」「突き抜ける額を稼ぐ方法」に繋がることなのですが、
まず、あまり考えてない時の自分の行動を振り返ることで見えてきたので
そこから具体的にみていくことで分かりやすくなります。
それをみるとまさに「現実的に必要だと思っている額しか稼げない法則」が明るみになります。。

無意識レベルで必要だと思っている額しか稼げない法則

以下は僕の例です。

■昔
→彼女が働いていて同棲してた時→必要なお金:正直10万あれば問題なし。彼女よりは大きい額じゃないとメンツが保てないので25万以上あればOK→現実:20~30万の平均収入だった

■ちょっと昔
→結婚して妊娠して妻が働かなくなった→必要なお金:月に30~40万平均ないと赤字になってしまう→現実30~50万の平均収入だった

■つい最近
→子供が生まれる→必要なお金:40万以上で生活維持、旅行とか医療費とか突発的なお金で50万以上ないとキツイ→現実:40~70万の平均収入

■現在
→突き抜ける→理由:あるワークをするようになったから具体的には後述

と、まさに「その額稼がないとヤバイ」という額ギリギリが「平均収入」となっていることに気づきます。

これって僕だけじゃないですよね?

今では良かったと思ってるんですが、周りの夫婦は妻が子供産んだらすぐに働くという家ばかりですが、
うちは妻が理由があって働かないと宣言していました。

多分もし、妻が働いて月に15万とか20万とか当たり前に稼いでいたら僕の平均収入も下がっていたんじゃないでしょうか?

そんなこともありながら、結局環境によって
「無意識レベルで必要だと心から思っている額をなんとか稼ごうとする」ということで平均収入が決まってきていたことにあるとき心から気づきました。
その時って突発的に月に100万以上稼いでもすぐに平均回帰しましたからね。
本当に面白いように平均回帰するんです。

自分で「これは無意識のコンフォートゾーンが原因だ」と気づけたので今があります。

*これはもちろん100人中100人に当てはまることではありませんが、こういうタイプは多く
基本的に、脳科学的にもコンフォートゾーン理論と一致します。

ブレイクするには本当に必要な額を先取りして痛烈に知ること

ここから導き出される答え、そしてこれはメンターにも教えてもらったことでもあるのですが
「必要なお金が引き寄せられる」
「必要なお金を稼ぐスキルだけが身についていく」
ということ。

突発的に100万とか稼げても、すぐ戻ってしまうのは
「100万は本当には必要がないと無意識で分かっているから」「必要な額以上稼げば安心してしまうから」なんです。

無意識レベルで「そんなに必要ない」というのがあるから稼げないんです。

現在、僕は月100万突破しつつあるのですが、その方法はまさに
「無意識レベルでそれが必要だとしたから」に他なりません。

突き抜ける額を稼ぐ方法

つまり、月100万だったらその100万が「どうしても必要だ」ということを
心からわからなければなりません。

簡単なことです
「必要になるお金を超具体的に計算すればいい」んですよ。

結婚していなくとも、あなたは今稼いでいる額よりももっともっと多く必要ですよ。
年金どんどん遠のいていき、人口減っていって日本経済は衰退していきますからね。年金はないことを前提に計算します。
そのへんはニュースを聞いていればわかります。

幼稚園の月謝は公立で3万~5万。
私立の小学校は?私立の大学は?
やりたい習い事の月謝は?
行きたい屋久島にx人で1週間旅行したらいくら?
行きたいオーストラリアのxxに1週間4人で旅行したらいくら?
収入が増えた分必要な税金の増額は?
リタイア後100歳まで生きた時に必要な額は?(平均寿命について調べるとびっくりします)
年金は多分70歳とか75歳とかになって、かつ額が下がるからないものとして計算すると?
家を建てた時、30年ローンの金利は?
子供に一人暮らしさせて月にいくらの仕送りを送る?

などなど、具体的に必要な額を計算すると、今稼ぐべき額が50万とかじゃ「ヤバイ」ということに心から気づくんですよ。
それで具体的な額を出すんです。

すると月に100万なんて簡単に超えてしまうんですよ。(例えばの数字です)
「その額稼がないと、生きていけない!」と心からわかるくらい具体的に出すんです。

つまり、「それだけないとヤバイ」と具体的に認識できる額を計算して自分で出すことが
「突き抜ける額」を稼ぐ方法です。

ここで名言を一句

「危機感がなければ、成長もない」

by 宇宙兄弟

無意識に欲望を減らしている

この過程で気づいたのは「無意識に欲望を減らしている」ということです。

・旅行なんていかなくても生きていけるしいいや
・高い外食なんかしなくても生きていけるし
・節約すればいいし
・子供が公立行けばいいし
・子供に習い事我慢してもらえばいいし

こういうこと無意識に思い始めたりしていませんかね?
少なくとも僕はそういうところ昔ありました。

「本当はやりたいのに、お金の制限によって、自分のしたいことをしぼませている」
ということに気づきました。

僕の親もかなり僕に我慢させたのでそれが当たり前になっていたというのもあります。
私立に行きたかったのですが、絶対国立にしろ、と言われてしょうがなく国立にいったり
お金をあまりかけられなかったですね。いつの間にか、自分にお金を使わないのが当たり前になっていました。

なので、「本当はやりたかったこと」を明確にすること。
これが最初です。

今回、具体的にワークして「具体的にあなたが稼ぐべき金額」を導きだしてみてください。

1、本当はしたいことをすべて書き出す。
・自分にしてあげたいこと ・親・妻・夫・子供にしてあげたいこと 20年後もしてあげたいこと
・社会に対してしたいこと ・友達にしてあげたいこと
・行きたい旅行にかかる額

2、それを実現するために本当に必要な額を超具体的に計算する
下のテンプレートを参考に

これだけです。が1時間以上かかりますよ。

実はですね、なんともおめでたい話ですが僕は自分が行った大学にかかる費用を30代になって調べてやっと知りました。
親がいくらかけてくれていたのか?今さら知ったんですね。恥ずかしい話です。
あの時、一人暮らしさせてもらって仕送りももらってたので、親はこれだけのお金を自分に送っていたんだなあ。
さぼった講義たくさんあって本当に申し訳なかったなあ、と今さら…。

それを知ったのが「具体的にするため」のこの作業をした時なんです。
これをすればコンフォートゾーンがかなり高くなりますからね。

最後に、具体的に計画するためのテンプレートを以下に記します。

■本当の本当は、これだけの月額が必要 テンプレート

*すべて最大値。最悪の状況で必要な額

1、家賃 (例:家族4人14万)
2、月の生活費 (例:一般的な家族4人15万円)
3、外食費 (例:月3回家族4人で5万)
4、旅費 (月1で沖縄等 2泊3日で20万~30万
5、妻と子供への小遣い (例:5~20万円)
6、子供が大学で一人暮らししたら (例:家賃6万+生活費5万)
7、子供の大学の授業料 (例:私立で12万 もし医大だったら…xxx万)
8、家族4人の習い事 (例:一人6000円x4=2.4万円)
9、国に税金として納める額 (例:収入による 節税して収入の30%くらい見ておいた方がいい。それであまったら貯金)
10、貯金すべき額 (例:100歳まで生きて年金なくて、65歳に引退の場合→年400万で1億4000万必要→30年で月あたり45万円の計算)
11、自己投資したい額 (例:投資に100万 勉強に30万)
12、趣味として使いたい額 (趣味による。本当に好きなものを)

合計…330万円

このように最大値を足すとこれくらいの額になります。
これ見て、50万円で安心しないですよね?

僕はこれを毎日見直しています。
そして、例えば時々、「これ習いたいな」「これ子供にやらせたいな」「この世界遺産行きたいな」と思ったら
いくらかを調べて、その額をこの計算に入れたりします。

それを21日間やれば、あなたのコンフォートゾーンはこっちになっていきますよ。

是非やってみてください!


平均18時間労働の日々から
おうち生活に。
会社に縛られない
孤独大好きな1人社長生活は
最高です
えんたろすの無料メルマガのご案内はこちら

▼ ▼  ▼ ▼

元ファミレス店長が専業になるまでの道のり

関連記事

  1. スピード感が1番大事だと思う理由

  2. ビジネスマインド 成功のたった一つの秘訣を世界一わかりやすくまとめてみ…

  3. アフィリ報酬画面は1日何回いつ見るのが最適か?

  4. 成功に必須のスキルその1

  5. 成果を出す人の2つの必須条件

  6. やる気がないを言い換え予防しやる気に変換する方法一覧リスト!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール


・35歳2児のパパ・えんたろす
・元ファミレス店長からアフィリエイトで独立
・特化トレンドアフィリ・トレンド物販・SEOアフィリを実施
・サラリーマン時代の7倍の利益を出せるようになりました
・専業で家族を養ってます。

・24時間営業店の店長時代は15~18時間労働がほとんど
・ある日気づく「ウエブサイトなら僕の代わりに24時間365日働いてくれるんじゃ?」
・成功まで遠回りしたタイプ
・月100万以上が当たり前になるまで5年ほどかかる
・だからこそ、なかなかうまくいかない人の原因や気持ちはわかるかも?

 

【トレンドアフィリの月の最高は以下】

【最高リアルタイムPV数は以下】▼

【最高の成果型広告成約は以下】▼
ほぼ2日で70万 いわゆるトレンド物販

単月最高は320万

今や個人が誰でも出来る可能性のある時代。知り合いも1年以内に月100万以上を達成した人もいます。
詳しくは僕のプロフィールから、または
記事下のメルマガにご登録ください。

おすすめの記事

おすすめ記事

  1. アフィリエイトで今年も家族を養っていく元ファミレス店長の専業になるまでの道のり

カテゴリー

PAGE TOP