ASP

楽天アフィリのクリック数と、アマゾンアソシエイトのクリック数に対する報酬を比較してみた

僕はアフィリエイトは、何種類かやっていますが
サイトアフィリがメインで、今のところ基本的に月に60万PV以上あります。
メインの収入はアドセンス広告ですが、それだけではなく効率性を追求していくと
自然と、ケースバイケースで最適な広告を載せることがベストだということになります。

今回は楽天アフィリとアマゾン・アソシエイトのクリック数に対する報酬というのを比較してみましょう。

 

■楽天vsアマゾン クリックあたりの報酬は?

基本的に楽天とアマゾンは僕は力を入れてやっておらず
ついでにやっているので専門からはズレるのでそのへんは承知して読んで欲しい。

ただ、今回、同じようなネタで記事中にどちらのリンクも自然に入れた結果を
公開して参考にしてもらいたい。

●前提

前提としてはですね、記事と関係のないところで貼っても報酬やクリック率は全然違ってきます。
これは、関係のある記事にて、確実に求めている人がいるところで
「通販ではこれがありました」という感じで紹介していますので
クリック率、成約率は高いです。

●結果

楽天アフィリ
rakuten

今月2301クリックで7104ポイント

アマゾン
amazon

今月1738クリックで3835円

という結果。

 

1クリックあたりに換算すると

楽天アフィリが1クリック3.09円
アマゾンが1クリック2.20円

となります。

今回の場合では、楽天アフィリの方が良かった。

 

■楽天とアマゾンの違い

メインではないので何回も試しているわけではないので、これが絶対とは言えません。
実際、いろんなのを総合すると楽天の方が多様しているので
もしかしたら昔からのが含まれている結果かもしれない。クッキーが1ヶ月だし。

楽天とアマゾンの違いはよく知っているかと思います。

楽天:クッキーが30日間
:だいたいが1% つまり100万円売り上げて1万円の報酬 少ない…
:3000point以上で楽天キャッシュや楽天銀行に手数料あって交換出来る。私はポイントでお買い物しかしたことがない。

アマゾン:クッキーが24時間
:ものによって0%~10%
:換金は5000円から、手数料300円

という違いとなります。

同じことと言えば、「品揃えの数が非常に多い」ということ。

 

■どちらにせよ…

どちらにせよ、これからも私はメインにはしません。
30万稼ぐのに、3000万円売らなければいけませんからね!
非常に効率が悪いのであくまで
「記事の流れで、何かしら紹介するときに、他のASP(A8など)にない場合に使う」
という方向性です。

上記の1クリックあたりを見ればわかります。

アドセンスであれば1クリックあたり25円前後ですからね。

最後に、
中身を見ると、アマゾンにおいては、記事で紹介したものそのもを
9割の人が購入していて(24時間クッキーなので当たり前ですが)

楽天アフィリに関しては、全く関係ないものを購入した人が
7~8割でした。

以上、あくまで楽天とアマゾンはついでという構えで、初心者さんでもいいと思います。


平均18時間労働の日々から
おうち生活に。
会社に縛られない
孤独大好きな1人社長生活は
最高です
えんたろすの無料メルマガのご案内はこちら

▼ ▼  ▼ ▼

元ファミレス店長が専業になるまでの道のり

関連記事

  1. 興味なしネタのアフィリエイトの仕方・考え方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール


・35歳2児のパパ・えんたろす
・元ファミレス店長からアフィリエイトで独立
・特化トレンドアフィリ・トレンド物販・SEOアフィリを実施
・サラリーマン時代の7倍の利益を出せるようになりました
・専業で家族を養ってます。

・24時間営業店の店長時代は15~18時間労働がほとんど
・ある日気づく「ウエブサイトなら僕の代わりに24時間365日働いてくれるんじゃ?」
・成功まで遠回りしたタイプ
・月100万以上が当たり前になるまで5年ほどかかる
・だからこそ、なかなかうまくいかない人の原因や気持ちはわかるかも?

 

【トレンドアフィリの月の最高は以下】

【最高リアルタイムPV数は以下】▼

【最高の成果型広告成約は以下】▼
ほぼ2日で70万 いわゆるトレンド物販

単月最高は320万

今や個人が誰でも出来る可能性のある時代。知り合いも1年以内に月100万以上を達成した人もいます。
詳しくは僕のプロフィールから、または
記事下のメルマガにご登録ください。

おすすめの記事

おすすめ記事

  1. アフィリエイトで今年も家族を養っていく元ファミレス店長の専業になるまでの道のり

カテゴリー

PAGE TOP